ここから本文です

交通事情&治安悪く…大リーガー死亡事故頻発の中南米

12/8(土) 5:45配信

スポニチアネックス

 交通事情や治安の悪い中南米諸国では大リーガーの自動車による死亡事故が頻発。昨年1月にはロイヤルズのヨルダノ・ベンチュラ投手(享年25)がドミニカ共和国で死去した。

 近年に自動車以外の事故で亡くなったケースでは16年9月、マーリンズのホセ・フェルナンデス投手(享年24)のボート衝突事故や、昨年11月、元ブルージェイズのロイ・ハラデー元投手(享年40)の小型飛行機の墜落事故などがある。

あなたにおすすめの記事