ここから本文です

自己学習AI「将棋の新しい可能性示す」羽生竜王が評価

12/8(土) 8:44配信

朝日新聞デジタル

 ルールを教えた後は自己学習のみで強くなった囲碁、将棋、チェスの人工知能(AI)「AlphaZero(アルファゼロ)」が、人間による従来の型にはまらない斬新なプレースタイルを身につけていることが分かった。棋譜を見た将棋の羽生善治竜王(48)も「将棋の新しい可能性を示している」と評価した。開発した英ディープマインド社が7日、米科学誌サイエンスで詳細を公表した。

【写真】羽生善治竜王

 アルファゼロの最大の特徴は、三つのゲームとも同じプログラムで学習させたことだ。自己対局を繰り返すと、最初はランダムな指し手や打ち手を示すが、勝敗の結果から次第に学び、より有利な手を選ぶようになる。一定の強さに達するまでの学習に要する時間は、チェスは約9時間、将棋は約12時間、囲碁は13日間。それぞれ世界チャンピオンレベルの他のAIを倒すまで強くなったという。従来の人工知能は実戦の棋譜を学習に使っていた。

 同社のデミス・ハサビスCEO(最高経営責任者)は「他のゲームにも応用できるし、今後、実世界でも様々な課題が克服できるような展開が可能ではないかと思っている」と話した。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ