ここから本文です

西流出のオリはイケメン高卒2年目コンビに期待

12/8(土) 16:45配信

東スポWeb

 FAで西の阪神入りが決まり、オリックスは金子に続いて長年にわたってローテを任せた2人が流出。今季でいえば合わせて14勝、262イニング分の投手力が抜け、大きな戦力ダウンとなった。チームの精神的な柱だった中島(巨人)、小谷野(楽天コーチ)も離脱するなど来季への不安は拭えない。

 しかし、そんな中でも球団内に悲壮感は少ない。あるベテラン選手は「これでよりT(岡田)と安達がしっかりしないといけなくなる。生え抜きリーダーはあの2人。経験者がいると頼ってしまうし、これまでもあんまりグイグイいく感じじゃなかったからね。2人に自覚が出ることになるからいいと思う」。球団関係者も「これはチームの転換期。阪神だって星野さんが来てごそっと血の入れ替えがあって優勝(2003年)したじゃないですか」と浮上のきっかけになると見ている。

 さらに巻き返しの起爆剤として大きな期待を寄せられているのが、榊原翼投手(20)と山崎颯一郎投手(20)の高卒2年目コンビだ。榊原は一軍で5試合に登板して実力の片鱗を見せつけ、190センチ右腕の山崎颯も二軍で頭角を現してきた。おまけに2人とも超イケメンとあって「この2人がブレークしたらすごいことになる。2人とも他球団スコアラーがうらやむポテンシャルを持っている。大事に育ててきているので非常に楽しみ」(球団関係者)。来季の下馬評も最下位に違いないオリックスだが、ヤングパワーで番狂わせなるか…。

最終更新:12/8(土) 16:49
東スポWeb

あなたにおすすめの記事