ここから本文です

阪神入りの西に福留も笑顔!逆襲へ「彼の力を借りてやっていけたら」

12/8(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 阪神・福留孝介外野手(41)が7日、大阪市内のミズノ本社で行われた「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」に出席。チーム最年長の主砲は、オリックスから国内FA宣言し、阪神入りを表明した西勇輝投手(28)について、「力を借りたい」と歓迎した。

 最下位からの逆襲のためには、どうしてもその力が必要だった。西の虎入り表明を報道陣から聞いた福留は「そうなの?」と目を丸くすると、熱い言葉で歓迎した。

 「最下位からのスタートになるけど、彼の力を借りて、やっていけたらと思う」

 この日は契約するミズノの「ブランドアンバサダーズミーティング」に参加。新規アンバサダーに就任した糸原や、高山とともに担当者とウエアやグラブなどの用品について意見交換をした。

 ときを同じくして阪神は、矢野監督らが大阪市内のホテルで西と対面。吉報を受け、主砲は「やっぱり(西は)イニングを投げてくれるし、タフだし、細かいコントロールもしっかりしている」と大きくうなずいた。

 自身も2007年オフにFA権を行使し、中日から米大リーグ、カブスに移籍。そして12年オフに阪神入りを決断し、PL学園高、日本生命とアマチュア時代にプレーした関西に、戻った。

 「関西でやるというのは西としても、チームとしても大きなことだと思う。何より実力のあることは分かっていることなので、けがだけはしないようにして欲しい」

 住み慣れた地で熱いファンとともに、一緒に関西を盛り上げたい。さらに「誰がどうのこうのじゃなくチーム全体で(西の)やりやすい環境を作っていくのが一番だと思う」と力を込めた。

 思い切り、飛び込んでくれ-。今季まで主将を務め、来季以降もチーム最年長としてチームを引っ張るベテランが、チームを一丸にする。

あなたにおすすめの記事