ここから本文です

【加賀電子カップ】原英莉花がジャンボ譲りのシャフトで新人戦V

12/8(土) 16:45配信

東スポWeb

 今年のプロテスト合格者のみが出場する女子ゴルフの新人戦「加賀電子カップ」最終日(7日、グレートアイランドC=パー72)、原英莉花(19)が68をマーク、5アンダーで生涯一度きりの大会を制した。

 3、5番のパー5をバーディーとすると、8番パー4では残り115ヤードからのPWで2打目を放り込みイーグル。「大きいかなと思ってキャディーさんにクラブを渡していたらコロンって聞こえました」。試合はその後も混戦が続いたが、17番パー3でバーディーを奪って抜け出した。

 今大会は師匠の尾崎将司(71=セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ)から譲り受けたシャフトで組んだ新しいアイアンを使用。「優勝したら“あげる”と言われていたシャフトなんですけど、待ち疲れちゃったみたいで(笑い)」。順番は逆になったが、期待に応えるVとなった。

 シード選手として臨む来季の目標はツアー初優勝。さらに「再来年は東京五輪。私は賞金女王にならないと目指せないけど、それを目標に頑張りたい」。横峯さくら(32=エプソン)、上田桃子(32=かんぽ生命)らに続いて新人戦Vからツアーの頂点を目指す。

最終更新:12/8(土) 16:45
東スポWeb

あなたにおすすめの記事