ここから本文です

京都府警警部補を逮捕 迷惑行為防止条例違反容疑

12/8(土) 11:07配信

毎日新聞

 京都府警下京署は8日、同府警刑事企画課係長の警部補、村西康広容疑者(37)を府迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為の禁止)容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、7日午後9時50分ごろ、京都市下京区の市営地下鉄烏丸線五条―四条駅間を走行中の車内で、同市の私立大4年生の女性(22)のスカートの中が見える位置に、撮影機能付きスマートフォンを差し出したとされる。村西容疑者は酒を飲んでおり、容疑を否認しているという。

 同署によると、村西容疑者が、女性のスカートの下にチャックを2センチほど開けた手提げかばんを差し出しているのに、乗客の男性(37)が気づいた。かばんの中を見せるよう迫ると、村西容疑者は「何もしてへん」と言い、四条駅で降りて走り去ったが、近くの路上で通行人らに取り押さえられた。

 府警刑事企画課の田村博之次席は「課員が逮捕されたことは誠に遺憾」としている。【川平愛】

最終更新:12/8(土) 11:17
毎日新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ