ここから本文です

山田孝之、カメラ100台あっても大丈夫!?「ハード・コア」メイキング上映会

12/8(土) 12:08配信

映画ナタリー

「ハード・コア」のメイキング上映イベントが12月7日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、キャストの山田孝之、石橋けい、監督を務めた山下敦弘、メイキング監督の宮本杜朗が登壇した。

【動画】「ハード・コア」ディレクターズカット版予告編(メディアギャラリー他3件)

狩撫麻礼といましろたかしによるマンガ「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写化した本作は、ロボオと出会った不器用な男たちの姿を描く物語。初日舞台挨拶の際に、メイキングの出来栄えをアピールしていた山田は「壮絶な現場や、どのシーンを本編から落とすかどうかを話している様子をぜひ表に出せたらいいなと思っていました。上映会が実現できてよかったです」とイベント実現の喜びを語る。

「太秦ヤコペッティ」で知られる宮本が手がけたメイキングを鑑賞して、山下は「大変だったはずだけど客観的に見ると、楽しそうに撮影してる」とコメント。宮本から、現場にメイキングカメラが近くにいたら邪魔になるかと問われた山田は「撮影中研ぎ澄まされてるときは、動かれると気になる。動かなければカメラ100台いても大丈夫」と答えた。

宮本は「まだ映画が上映されているこの時期にメイキングを観てもらえることが本当にうれしい」と胸を熱くし、山下も「宮本くんが作ったメイキングをまたほかのとこでも上映していきたいです!」と述べ、イベントを締めくくった。

「ハード・コア」は全国で公開中。

※記事初出時、コメント内容に誤りがありました。お詫びして訂正します。

※「ハード・コア」はR15+指定作品



(c)2018「ハード・コア」製作委員会

最終更新:12/8(土) 22:35
映画ナタリー

あなたにおすすめの記事