ここから本文です

竜ドラ1根尾 背番号「7」新ユニ姿披露「勝つためにどんなことでもする」

12/8(土) 17:33配信

東スポWeb

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が8日、名古屋市内のホテルで入団発表会見に臨み、背番号7の新ユニホーム姿で「かっこいい。早くプレーしたいなという気持ち。1桁の素晴らしい背番号をもらったので、この背番号に負けないような選手になりたい」と決意を新たにした。

 セールスポイントを問われ「肩(の強さ)は他の誰にも負けないと思っている。ゴールデン・グラブ賞を取りたい」と鼻息を荒くする。その上で「中日で日本一になるのが一番の目標。チームが勝つためにどんなことでもする気持ちでいる。同じ高校の仲間たちが大学に進学や社会人に就職したり、それを間近で見てきて、自分がお金をもらって野球をやらせてもらえることがどれだけ幸せなことか実感している」と話した。

 そんな根尾は、いずれもドラフトフト1位指名のロッテ・藤原(大阪桐蔭)、日本ハム・吉田(金足農)に対抗心を燃やす。両者とも侍ジャパンU―18日本代表で日の丸を背負った“戦友”とあって「同級生ですし、同じユニホームを着てやらせてもらった元チームメートみたいな感じ。お互い1年目で分からないことが多いと思うけど、早くプロの世界に慣れて、誰にも負けたくない」と言い切った。

 ニックネームについて、藤原がロッテの入団発表の際「幕張のスピードスターと呼ばれるようになりたい」とぶち上げたが、「自分では分からないのでしっかり結果を出したときに(ファンの)皆さんに決めていただけたら」。与田監督は「根尾は日本のスーパースターにならないといけない。メジャーリーグに挑戦するぐらいの選手になってほしい」と期待を寄せた。

最終更新:12/8(土) 17:33
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ