ここから本文です

スカートにスマホ差し入れた疑い、警部補を逮捕 京都

12/8(土) 15:37配信

朝日新聞デジタル

 地下鉄で女子大学生のスカートの下にスマートフォンを差し入れたとして、京都府警は8日、同府警本部刑事企画課の警部補、村西康広容疑者(37)=京都府城陽市久世芝ケ原=を府迷惑行為防止条例違反(ひわいな行為)容疑で現行犯逮捕したと発表した。「差し入れることも撮影もしていない」と否認し、スマホの画像確認を拒んでいるという。駅を約3分逃走し、女子大学生本人や乗客が追いかけて取り押さえた。

 下京署によると、逮捕容疑は7日午後9時50分ごろ、京都市下京区の市営地下鉄烏丸線の車内で、京都市の大学4年の女子学生(22)のスカート下に、かばんに入れたスマホを差し入れたというもの。村西容疑者はスマホのロックを解除することを拒んでいるという。この日は勤務日で、酒を飲んだ帰りだったと府警はみている。

 不審に思った乗客の男性(37)が車内で声をかけると、村西容疑者は「何もしてへんわ」と言って四条駅(同区)で降り、料金を払わないまま改札を抜けて逃走。男性がいったん取り押さえたが、ふりほどいて逃げた。女子学生自らと男性のほか、駅員や乗客も加わって5人ほどで地上の路上まで追いかけ、「だれか止めて」という声を聞いた通行人男性が体をつかんで確保した。

 刑事企画課の田村博之次席は「誠に遺憾。再発防止に努める」とのコメントを出した。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事