ここから本文です

制裁違反で虚偽説明疑い

12/8(土) 8:03配信

共同通信

 【ニューヨーク共同】カナダ検察当局は7日、米当局の要請を受けカナダで拘束された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者が、関係会社を利用し米国の対イラン制裁に違反する取引をした事実について、米金融機関に虚偽説明をした疑いがあると指摘した。現地メディアが報じた。

 カナダ西部バンクーバーで開かれた容疑者保釈の可否を巡る審理で明らかにした。出廷した孟容疑者の弁護人は、ファーウェイは関係会社を既に売却していたと主張し、保釈を求めた。

最終更新:12/8(土) 8:03
共同通信

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい