ここから本文です

韓国高速鉄道が脱線、14人軽傷=冬季五輪会場の北東部・江陵

12/8(土) 10:25配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国国土交通省によると、北東部の江原道・江陵で8日午前7時35分(日本時間同)ごろ、高速鉄道KTXの車両が脱線した。

 江原道消防本部によれば、14人が打撲などの軽傷で手当てを受けた。在韓日本大使館によると、負傷者に日本人は含まれていない。

 韓国鉄道公社(コレイル)関係者らによると、列車は江陵発ソウル行きで、乗客197人、乗員3人。10両の車両すべてが線路から外れた。同関係者は事故原因について「正確な原因把握は調査後になる」と説明した。事故が起きたのは、列車出発約5分後で、「高い速度で運行する区間ではなかった」という。

 江陵は、2~3月に開かれた平昌冬季五輪・パラリンピックで氷上競技の会場となった。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、与正氏ら高官代表団も2月に訪韓した際、KTXを移動に利用した。 

最終更新:12/8(土) 12:22
時事通信

あなたにおすすめの記事