ここから本文です

高速鉄道脱線で本格調査=復旧は週明けに―韓国

12/8(土) 16:27配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国北東部の江原道・江陵で高速鉄道KTXが脱線した事故で、国土交通省は8日、事故調査委員会の委員4人を現地に派遣し、原因の本格調査を開始した。

 
 同省当局者は電話取材に「急激な気温の低下に関連があるのか、他の要因による事故かは確定しておらず、調査委が調べている」と説明した。

 列車は江陵発ソウル行きで、乗客乗員約200人のうち乗客14人、乗員1人が負傷した。日本大使館によれば、負傷者に日本人はいなかった。

 韓国鉄道公社(コレイル)は事故を受け、江陵―珍富間の運行を中止、約250人を投入して復旧作業に当たっているが、全面復旧は週明けの10日になる見込みという。 

最終更新:12/8(土) 21:28
時事通信

あなたにおすすめの記事