ここから本文です

中国、対米黒字が最大=貿易摩擦で輸入減―11月

12/8(土) 17:08配信

時事通信

 【北京時事】中国税関総署が8日発表した11月の貿易統計によると、米国向けの輸出から輸入を差し引いた対米貿易黒字は前年同月比28%増の356億ドル(約4兆円)と過去最大となった。

 米中首脳会談で合意した90日間の貿易協議で、トランプ米政権が不満をぶつけるのは必至だ。

 対米輸出は10%増。伸びは前月(13%増)からは鈍ったが、関税率の引き上げ前に仕入れておきたい米企業の駆け込み需要が続いたようだ。今後は反動で減少に転じることも予想される。

 米国からの輸入は25%減と大きく落ち込んだ。アルゼンチンでの今月1日の首脳会談に向け、輸入拡大を交渉カードとしたい中国政府の指示で、国有企業が輸入を減らした可能性がある。 

最終更新:12/9(日) 0:51
時事通信

あなたにおすすめの記事