ここから本文です

【中日新聞杯】7歳馬ショウナンバッハ、鼻差で惜敗2着 鮫島駿「風を受けないように進めた」

12/8(土) 16:39配信

スポーツ報知

◆第54回中日新聞杯・G3(12月8日・芝2000メートル、中京競馬場、良)

 14頭によって争われ、クリスチャン・デムーロ騎手が騎乗した1番人気のギベオン(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)がゴール前の競り合いを鼻差で制し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分59秒3。

 首の上げ下げで際どい2着に入ったのは12番人気のショウナンバッハ(鮫島克駿騎手)。離れた3着には7番人気のストロングタイタン(ブレントン・アヴドゥラ騎手)が続いた。

 鮫島克駿騎手(ショウナンバッハ=2着)「風が強かったので、コーナーではなるべく風を受けないようなポジションから進めました。この馬の持ち味は出せたと思います」

最終更新:12/9(日) 21:48
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事