ここから本文です

【世界最高点一問一答】紀平「82点という点数を見たときはすごくびっくり」

12/8(土) 8:58配信

サンケイスポーツ

 フィギュアスケート・GPファイナル第1日(6日=日本時間7日、バンクーバー)開幕し、女子ショートプログラム(SP)で16歳の紀平梨花(関大KFSC)がルール改正後の世界最高となる82・51点をマークして首位発進。時差調整を苦にせず、2連勝を飾ったGPシリーズのSPで不発だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、2月の平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=を2位に抑えた。

 --素晴らしい点数

 「82点という点数を見たときはすごくびっくりした」

 --重圧は

 「注目されているからといって気持ちは変わっていない」

 --これまでSPで決められなかった3回転半を成功させた

 「やっとできたなっていう気持ち」

 --得点を見て

 「伸びしろがあるかどうかをジャッジスコアで確認して、どこを伸ばしたらいいか確認したい」

 --大舞台で世界最高得点

 「大きい大会だから頑張るとか関係なく、どの試合でも同じように成績を残したい」

 --SPで失敗が多かった。壁を超えた

 「本当に不安が大きかった。そこを克服できたことが一番の勝因」

 --ザギトワとの対決が注目されている

 「あまり実感がわいていない。特に今は…。フリーでどんなことが起こるか分からない」

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ