ここから本文です

ケリー首席補佐官も聴取 露疑惑でモラー特別検察官

12/8(土) 9:33配信

産経新聞

 【ワシントン=加納宏幸】米CNNテレビは7日、ロシアの米大統領選干渉疑惑を捜査するモラー特別検察官のチームがケリー大統領首席補佐官から事情聴取したと報じた。複数の関係者の話としている。トランプ大統領がモラー氏解任を指示したとする報道など「司法妨害」に関する質問に答えた。ホワイトハウスで聴取に応じた高官では最高位とみられる。

 モラー氏側は今年4月、連邦捜査局(FBI)がトランプ氏の元個人弁護士で脱税などの罪を認めているコーエン被告の家宅捜索をした後にケリー氏の事情聴取を要請した。政権側は一時反対したが、限定的な内容の聴取に応じた。

 露疑惑に関し、モラー氏側は近くコーエン被告や、マネーロンダリング(資金洗浄)などの罪を認めたトランプ陣営の元選対本部長マナフォート被告への捜査状況を裁判所に提出する。両被告は罪を認めて捜査協力する代わりに刑を軽くする司法取引に応じているが、モラー氏側はマナフォート被告が合意に反して虚偽の説明をしていると主張している。

 トランプ氏は7日、モラー氏の捜査を「魔女狩り」であると重ねて批判し、同氏側の主張に反論するための報告書を準備しているとツイッターに書いた。

最終更新:12/8(土) 17:58
産経新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ