ここから本文です

金沢で『初雪』 去年より19日遅く 石川県内9日午後6時までの予想降雪量は平地で最大3センチ

12/8(土) 18:50配信

石川テレビ

石川テレビ

 石川県内は冬型の気圧配置となり、金沢では初雪が観測されました。冬型は9日も続く見込みで、午後6時までに降る雪の量は平地で最大3センチと予想されています。

(記者リポート)
「金沢市の医王山スキー場に来ているのですが、あたり一面が真っ白に雪化粧しています。いよいよ本格的な冬が始まりました」

 8日朝は各地で厳しい冷え込みとなり、最低気温は輪島市三井で0度、七尾で1.3度、金沢で3.8度などとなりました。

 こうした中、金沢地方気象台は8日午前3時に金沢で初雪を観測したと発表しました。去年よりも19日遅く平年と比べても9日遅いということです。

 石川県内は9日も冬型の気圧配置が続く見込みで、午後6時までに降る雪の量は加賀・能登ともに平地で最大3センチ、山地では8センチと予想されています。

石川テレビ

最終更新:12/8(土) 18:50
石川テレビ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ