ここから本文です

「私のやることの半分が終わった」ノーベル医学・生理学賞を受賞する本庶さんが会見

12/8(土) 23:45配信

産経新聞

 【ストックホルム=宇山友明】ノーベル医学・生理学賞を受賞する京都大の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(76)は8日、ストックホルム市内のホテルで記者会見。7日の受賞記念講演を振り返り、「私がやることの半分が終わった。後はメダルを頂くことが大仕事。少しは気楽にできるかなと思う」と語った。

 本庶さんはノーベル賞について「名誉なことだが、研究者にとっては目標ではない、結果だ」と指摘。今後の研究の展望については「(がん免疫治療薬のオプジーボが)効く人と効かない人を早く見分けられるようにしたい」と述べた。

 趣味のゴルフについて尋ねられると、「ノーベル賞を受賞する確率は、ゴルフでホールインワンを達成する確率よりも低い」と説明。「僕はホールインワンはやっているので、ゴルフのドリームとサイエンスのドリームは両方達成した」と笑顔を見せた。

 会見に先立って行われた日本の報道陣による代表インタビューでは、7日の講演を「100点ということはないが、満足のいく講演だった」と振り返った。自身の生い立ちや研究の歩みを説明した講演内容については、「テーマはがんで、一般市民も患者さんも関心があったと思う。幅広い層を意識し、一生懸命準備をした」と話した。

 講演後、来場者らから「今年(の講演)は最高だ」と伝えられたと明かし、「お世辞もあるかもしれないけど、うれしかった」と語った。

最終更新:12/8(土) 23:45
産経新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ