ここから本文です

公園・夢プラン「日本一」 福島のNPOサンドストーリー

12/8(土) 8:45配信

福島民報

 福島市のNPO法人福島SAND-STORY(サンドストーリー、理事長・笠間浩幸同志社女子大教授)は全国の公園で開催された夢のあるイベントをたたえる公園財団の公園・夢プラン大賞実現した夢部門で、最高賞の最優秀賞に輝いた。 
 東日本大震災以降の二〇一一(平成二十三)年から活動を始めた。県内や東京都の公園に巨大砂場を設置し、子どもたちが城や舟など砂の芸術作品の制作を楽しめるようにしている。 
 巨大砂場で使用した砂は保育所や幼稚園、小学校に贈呈している。二〇一六年には福島市と連携し、同市飯坂町の乙和公園に砂場を設置した。いずれも棚倉町の砂を使用している。 
 砂場の提供を通じた子育て環境整備への尽力が認められ、実現した夢部門に応募された三十三件のうち最も高く評価された。 
 サンドストーリーの河内ひろみ事務局長は七日、福島民報社を訪れて受賞を報告した。 

福島民報社

最終更新:12/8(土) 9:15
福島民報

あなたにおすすめの記事