ここから本文です

【茨城県議会議員選12月9日投票】若者必読!投票する前に知っておきたい茨城県に関する10の数字

12/8(土) 8:07配信

選挙ドットコム

茨城県議会議員選挙が11月30日告示、12月9日投開票で争われています。
同県議選は、来年の統一地方選挙の前哨戦と位置づけられその結果に注目が集まっています。また、茨城県では18歳選挙権のもとで行われる初めての県議会議員選挙ということもあり、若者の動向が注目されています。

そこで、茨城県政において若者とかかわりのある10の数字をご紹介します。候補者の政策を読み解く際の参考資料として、ぜひご確認ください。

茨城県の人口は295万人 。毎年、4千人の若者が県外へ

茨城県の人口は約295万人(平成30年1月1日住民基本台帳人口)と前年から9千人ほどの減少となっています。
茨城県の人口は2000年頃に約299万人となったのを頂点として緩やかに減少をはじめ、近年はそのペースが早まり年間1万人ほどの人口減少が続いています。その中で、特に目立っているのが若者の県外への移動です。図表にもあるように、高校や大学の卒業を迎える年代で毎年4,000人程度の転出超過となっています。なお、国勢調査を基にした分析では、若者世代の県外への転出超過は少なくとも1980年代から続いていることも明らかになっています。

2020年には県民の3人に1人が高齢者となり3千人の介護人材が不足

少子高齢化の影響も今後ますますはっきりと表れてきます。
65歳以上の方は2005年には県民の5人に1人でしたが、2020年には3人に1人となり、2040年にはおよそ40%の県民が65歳以上の方になる見込みです。

高齢者人口の増加は、近い将来の介護需要の増加にも結びついていきます。
厚生労働省の調査によると、2016年度に茨城県内には3.5万人の介護職員の方がいましたが、2020年には4.2万人、2025年には4.8万人の介護職員の需要が見込まれています。

今後も介護職員の増員が進められる見込みですが、2020年に見込まれている職員数は3.9万人と3千人程度の不足が予想されています。

人口10万人当たりの医師数180.4人は全国で2番目に少ない

同様に高齢者人口の影響が色濃く出る分野に医療があります。
平成28年末に茨城県で勤務する医師の数は5,513名と全国で15番目に多い数となっています。けれども、人口10万人当たりの医師数で比較してみると茨城県180.4人は全国で2番目に少ない数となります。

また、子育てに目を向けてみると、茨城県の人口10万人当たりの小児科医数は78.7名となり、全国で最も少ない人数となっています。また、産婦人科・産科医についても人口10万人当たりで38.8人と全国で7番目に少ない人数となっています。

もちろん、お医者さんは他県よりも多ければ多いほどよいというものではありません。どのような医療環境が望ましいのかは県民一人ひとりの判断の上に決定されていくことです。納得のいく判断をしていくための基礎として、具体的な数値を確認ください。

1/4ページ

最終更新:12/8(土) 8:07
選挙ドットコム

あなたにおすすめの記事