ここから本文です

「番手と番手の間の距離」どう打つ?アイアンショットの正しい飛距離の落とし方【動画あり】

12/8(土) 20:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

自身のユーチューブチャンネル「HARADA GOLF」で再生回数1000万以上を獲得している大人気レッスンプロ・原田修平。キレのいい動きでゴルフスウィングを解き明かす原田が「番手と番手の間の距離の打ち方」を伝授してくれた。

前回はアイアンで球の高低を打ち分ける方法がテーマでしたが、今回は同じくアイアンの距離の打ち分け方、「飛距離を少し抑える打ち方」をレッスンしていきましょう。たとえば、ピンまで残り130ヤードで、9Iのフルショットだと届かないけど、8Iでは大きすぎる。いわゆる“ビトウィーン”の距離が残ることがありますよね。そんなときに、9Iをマン振りして、無理に届かせようとすると、いろいろなミスが起こりやすくなります。8Iで少し飛距離を抑える打ち方ができれば、グリーンをとらえられる確率がグンと上がるんです。

まず、通常のフルショットよりも少し距離を落としたい場合の、ベーシックな方法としては、(1)クラブを短く持つ、(2)スタンス幅を狭くする、(3)アドレスで左足に体重を多くかける、などがあります。このなかから、自分がもっともやりすい方法を選択してもいいのですが、一般アマチュアの場合、この3つの方法だと、普段のフルショットよりもミート率がアップして、思うように距離が抑えられなかったり、逆にいつもより飛んでしまうという現象が起こる人もいます。

そこで今回は、私自身がアイアンで距離を少し抑えるときの打ち方を紹介することにしましょう。まず通常の、番手なりの飛距離で打つ場合は、インパクトからフォローにかけてクラブを加速させていって、フィニッシュまでしっかり振り切っていきます。それに対して、少し距離を抑えたいときは、インパクトからフォローにかけてクラブを減速させていくように振っていくんです。バックスウィングは同じように上げますが、フィニッシュまで振り切らずに、フォローでクラブにブレーキをかけて、止めてあげるイメージです。そうすることで減速インパクトになって距離が落ち、フェースのローテーションも抑えられるので、出球のコントロールがしやすくなるんです。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ