ここから本文です

世界25位チブルコワ、実戦遠ざかっている理由語る「皆さんへ伝えたい…」<女子テニス>

12/8(土) 15:39配信

tennis365.net

公式インスタグラム

女子テニスで世界ランク25位のD・チブルコワ(スロバキア)は7日、自身の公式インスタグラムを更新し、9月末から公式戦を行っていないことについて、自身の思いを綴った。

【凱旋初戦は圧勝白星】

これまでWTAタイトルを8度獲得している29歳のチブルコワは、今年9月末に行われたチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、プレミア・マンダトリー)準々決勝でA・セバストバ(ラトビア)にストレートで敗れて以降、実戦から遠ざかっている。

そのことで一部ファンから引退説や妊娠説が取り沙汰されていたチブルコワは、その状況を考えインスタグラムで現状を報告した。

「親愛なる友人たちへ。大きなニュースを皆さんへ伝えたい。ここしばらくの間、何か言われ続けている。私のプロテニス選手としての時間は終わりだ、と言うのではと思っている人たちへ。私はまだそうではない。つまり、妊娠してはいないし、引退するわけでもない」

「私がしていることは、読む価値があると信じている自叙伝に専念しているということ。友だちや才能あふれるスロバキア人のライターで私のことを良く知っているアンドレア・コディントンと共に行っている。とても面白いものだし、テニスの必読書と言うわけではない。色んなことが書かれている。テニスへの愛情、これまで成し遂げて来たこと、過ち、アップダウン、ファッションへの愛情、友だち、家族、愛する人、私の人生など。発売日はまだ決まっていない。全てにおいて時間が必要。でも確実に1つ言えることは、とてもカラフルで、私らしいものであり、情熱的で、嘘偽りもなく、たくさんの写真もあり、多くの内容があるもの。ドミニカから愛をこめて」

最終更新:12/8(土) 15:39
tennis365.net

あなたにおすすめの記事