ここから本文です

ソフトB中田、制限超えも「納得」 8500万円から2500万円減

12/8(土) 11:55配信

西日本スポーツ

 中田賢一投手(36)が7日、契約更改交渉に臨み、減額制限の25%を超える2500万円減の6000万円プラス出来高払いで更改した。今季は23試合で5勝3敗、防御率5・20。開幕ローテーション入りして節目の通算100勝もマークしたが、後半は中継ぎに回って2軍での調整もあり、ポストシーズンでの登板はなかった。「後半はチームの力になれなかった。納得して判を押した」と語った。(金額は推定)

【写真】グラブをたたく中田

 ホークス加入後では最少の白星に終わった悔しい1年を踏まえ、15年目の来季を見据える。球団はFAした西の獲得に失敗。それだけに、今季再取得したFA権を行使せず残留し、1年契約を更新した経験豊富な右腕への期待は大きい。

 「先発としてマウンドに居続けたい。ホークスでは勝ち続けてないと投げられない。いい状態をキープし、終わった時に(2桁)勝てていたらいい」。既にネットスローなどを行っており、来年1月のグアム自主トレで本格的な投球練習を開始する予定。早期の始動で来季の“復肩”を目指す。

西日本スポーツ

最終更新:12/8(土) 11:55
西日本スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ