ここから本文です

マドリー勢が独占 2018年DFトップ10を米メディアが選出

12/8(土) 17:55配信

SPORT.es

アメリカの大手メディア・エンターテインメント会社である『ESPN』が2018年のサッカー界トップ100選手を発表している。

デ・ヘア 2018年最高のGKに 米メディアが選定

各ポジション、監督ごとにトップ10を選定し、順位付けしている。

ディフェンダー部門では、右サイドバック、センターバック、左サイドバックと各ポジションに分け10名ずつを選出している。

右SBの1位はレアル・マドリーのダニ・カルバハルが選ばれ、CBには同じくマドリーのセルヒオ・ラモス、左SBもマドリーのマルセロとDF部門を総なめした。

バルサからは、セルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバがランクインしている。

ディフェンダー部門の各ポジション別トップ10は以下の通り。

■右サイドバック
1位:ダニ・カルバハル(レアル・マドリー/スペイン)
2位:ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
3位:カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ/イングランド)
4位:ベンジャマン・パヴァール(シュトゥットガルト/フランス)
5位:ダニ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
6位:キーラン・トリッピアー(トッテナム/イングランド)
7位:トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/ベルギー)
8位:セサル・アスピリクエタ(チェルシー/スペイン)
9位:セルジ・ロベルト(FCバルセロナ/スペイン)
10位:ファンフラン・トーレス(アトレティコ・マドリー/スペイン)

■センターバック
1位:セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン)
2位:ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/フランス)
3位:ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)
4位:フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール/オランダ)
5位:ギョルジオ・キエッリーニ(ユヴェントス/イタリア)
6位:ジェラール・ピケ(FCバルセロナ/スペイン)
7位:サミュエル・ユムティティ(FCバルセロナ/フランス)
8位:レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス/イタリア)
9位:カリドゥ・クリバリ(ナポリ/セネガル)
10位:ヤン・フェルトンゲン(トッテナム/ベルギー)

■左サイドバック
1位:マルセロ(レアル・マドリー/ブラジル)
2位:ダヴィド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン/オーストリア)
3位:ジョルディ・アルバ(FCバルセロナ/スペイン)
4位:アレックス・サンドロ(ユヴェントス/ブラジル)
5位:ベンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ/フランス)
6位:リュカ・エルナンデス(アトレティコ・マドリー/フランス)
7位:マルコス・アロンソ(チェルシー/スペイン)
8位:アンドリュー・ロバートソン(リヴァプール/スコットランド)
9位:フィリペ・ルイス・カスミルスキ(アトレティコ・マドリー/ブラジル)
10位:ライヴァン・クルザワ(パリ・サンジェルマン/フランス)

(文:SPORT)

最終更新:12/8(土) 17:55
SPORT.es

あなたにおすすめの記事