ここから本文です

与野党の攻防激化 “外国人材”拡大成立

12/8(土) 12:48配信

ホウドウキョク

与野党の攻防は、ほぼ一昼夜続いた。

外国人労働者の受け入れ拡大をめぐり、野党側は安倍首相の問責決議案を提出するなど激しく抵抗したが、8日未明、改正出入国管理法が成立した。

・動画だからわかる「与野党の攻防激化 “外国人材”拡大成立」

立憲民主党・蓮舫副代表は「国家の根底に関わる重要法案を、次々と短い審議で強行採決した方針を猛省し、一から出直すべきだ」と述べた。

出入国管理法改正案の成立阻止に向け、野党は7日、山下法相と安倍首相に対する問責決議案を相次いで提出するなど徹底抗戦したが、いずれも否決された。

改正入管法は、日付をまたいで午前0時から開かれた参議院の法務委員会に続き、本会議でも与党などの賛成多数で午前4時すぎ、可決・成立した。

一方、国民民主党が呼びかけた衆議院への内閣不信任案提出は、立憲民主党が慎重姿勢を崩さなかったため見送られ、野党内の足並みの乱れがあらためてあらわになった。

最終更新:12/8(土) 12:48
ホウドウキョク

あなたにおすすめの記事