ここから本文です

北日本中心に大雪・吹雪に警戒 空の足に乱れも

12/8(土) 15:39配信

ホウドウキョク

強い寒波の影響で、8日は広い範囲で今シーズン一番の寒さとなっていて、日本海側では、北日本を中心に、大雪や吹雪に注意が必要となる。

・「北日本中心に大雪・吹雪に警戒 空の足に乱れも」を動画で見て理解を深める

8日朝から東北を中心に雪の降っているところが多くなっていて、午前11時の積雪は、山形・大蔵村で48cm、青森市で20cmなどとなっている。

新潟市や石川・金沢市では、8日朝、初雪を観測。

予想最高気温は、新潟市で5度、金沢市7度などとなっていて、8日夜以降は、北陸でも大雪になるところがありそう。

7日、11cmの積雪に見舞われた新千歳空港では、欠航便が相次ぎ、およそ270人が空港で一夜を過ごした。

利用客は、「空港に泊まって、体がバキバキです」と話した。

一方、氷点下18.1度まで冷え込んだ北海道・北見市では、「氷の結晶」ダイヤモンドダストがキラキラと輝き、「霜の花」を意味する「フロストフラワー」という美しい現象が見られた。

最終更新:12/8(土) 15:39
ホウドウキョク

あなたにおすすめの記事