ここから本文です

LiSA、三浦大知らもランクイン!今注目の歌詞ランキング1位は人気急上昇中のボーイズグループ

12/8(土) 18:00配信

E-TALENTBANK

歌詞検索サービス「歌ネット」が、12月6日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングとは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定するもの。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にCOLOR CREATIONの「Let it snow ~会いたくて~」が輝き、前週の2位から順位を上げた。2019年2月20日にリリースされるニューシングルであり、2018年12月24日からは先行配信される。彼らは、通称“カラクリ”と呼ばれる5人組ボーイズ・ボーカルグループ。歌詞には、大切なひとを失ってしまった冬に、ひとり雪を見つめ<あの夜の二人に戻れたなら>…と願う、切ない想いが綴られている。

2位には、ACE COLLECTIONの「鬱憤」が初登場。彼らは、2017年12月に結成された4人組ロックバンドであり、12月12日に初のオリジナル曲として1st digital single「鬱憤」をリリースする。最初は幸せだったはずの恋人同士が、お互い徐々に“鬱憤”を溜めた結果<君と付き合った2年間と3ヶ月と5時間と52秒は無駄>とまで言い放つ、歌詞が非常に印象的な1曲となっている。

4位には、ヤバイTシャツ屋さんの「かわE」がランクイン。前週の6位から順位を上げた。12月19日にリリースされるニューアルバム収録曲であり、中島健人×中条あやみのダブル主演映画『ニセコイ』の主題歌として書き下ろされた。恋する相手へのたまらぬ思いを<アルファベットを使った古典的な表現>で描いている。また、同曲のMVは、公開から約2週間で200万回再生を突破。自身最速での記録となった。

6位には、ぼくのりりっくのぼうよみの「人間辞職」が初登場。彼は、日本テレビ系列『NEWS ZERO』に出演し、2019年1月をもってのアーティスト活動の終了を発表。同曲は、12月12日にリリースのラストオリジナルアルバム『没落』に収録される。「全てから開放されて、やりたい音楽だけをつめこんだ」というアルバムを象徴する楽曲の歌詞を、ひと足早くご堪能いただきたい。

8位には、andropの「Home」が初登場。2018年12月19日にリリースするニューアルバム『daily』のリード曲である。優しいピアノの旋律で幕を開け、温かな「おかえり」のひとことで始まる歌。歌詞では、大切な<君>のために「Home」=“こころの家”の<屋根>や<窓>や<扉>や<壁>になろうという、深い愛情が綴られている。

【2018年12月6日付、歌ネット注目度ランキング】
1位 Let it snow ~会いたくて~/COLOR CREATION
2位 鬱憤/ACE COLLECTION
3位 ADAMAS/LiSA
4位 かわE/ヤバイTシャツ屋さん
5位 Blizzard/三浦大知
6位 人間辞職/ぼくのりりっくのぼうよみ
7位 STAY BY MY SIDE/TWICE
8位 Home/androp
9位 ぼくらのネットワーク/DAOKO × 中田ヤスタカ
10位 終わらない世界で/DAOKO

株式会社イータレントバンク

最終更新:12/8(土) 18:00
E-TALENTBANK

あなたにおすすめの記事