ここから本文です

沖縄で銃を持った米兵が脱走 民間地で逮捕 防衛局や自治体に伝えず

12/8(土) 5:00配信

沖縄タイムス

 米軍嘉手納基地所属の空軍兵の男が基地内から拳銃を所持したまま6日に一時脱走し、米軍が読谷村宇座の民間住宅地周辺で同日中に逮捕していたことが分かった。発砲は確認されていない。一方、米軍は沖縄タイムスが7日に問い合わせるまで沖縄防衛局に連絡しておらず、周辺自治体にも伝わっていなかった。日米合意は「公共の安全や環境に影響の生じる事案について速やかに地元に通報する」と定めており、抵触する可能性がある。(社会部・山城響、中部報道部・篠原知恵)

「飛ばす車が減った」若き米兵が見守る通学路 地域から感謝の声

かばんにベレッタ92F

 第18航空団などによると、脱走兵は第353特殊作戦部隊に所属。脱走兵が出勤していなかったため捜索したところ、3時間以内に警護部隊が発見し、拘束した。その際、車内のかばんの中に拳銃のベレッタ92Fを所持していたという。拳銃が持ち出された理由は不明。

 脱走兵は欠勤中のため公務外の可能性があるが、米側が先に身柄を確保したため、県警は広報していない。

 日米地位協定は軍人・軍属の犯罪について、「公務中」であれば第1次裁判権は米側に、「公務外」なら日本側にあるとしている。ただ、公務外でも米側が先に身柄を確保すれば、原則として起訴までは日本側に引き渡されない。

ライフル立てこもりも

 防衛局は7日、県と読谷村のほか、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会の沖縄市、嘉手納町、北谷町に情報を提供した。米側には再発防止を申し入れた。

 県警本部に米側から一報が入ったのは6日午後6時ごろ。3階の刑事部フロアには幹部らが緊急に集まり、情報収集に追われていた。

 2014年には、北谷町の米軍キャンプ桑江内で米兵の男が自宅内にライフル銃を持って立てこもる事件が発生。米兵はキャンプ・ハンセンの射撃訓練場で銃弾を盗み、キャンプ瑞慶覧の武器庫では担当者に射撃大会の練習のためとうそをついてライフルを入手。その後、自宅のあるキャンプ桑江まで民間地を移動していた。事件後、戒告と減給という軽い処分で済まされている。

最終更新:12/8(土) 12:25
沖縄タイムス

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ