ここから本文です

レディー・ガガ、G・グローブ賞ノミネートに感謝

12/8(土) 6:33配信

日刊スポーツ

米国時間の6日、初主演映画「アリー/スター誕生」でゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされたレディー・ガガ(32)が、「とても感謝している」と語った。

【写真】エキゾチックなメーlクのレディー・ガガ

ゴールデン・グローブ賞の作品賞候補ともなった同作で、ブラッドリー・クーパーが主演男優賞および監督賞候補となっている。また、ガガとクーパーがデュエットしたサウンドトラック「Shallow」もオリジナルソング部門で候補となっている。

ガガは6日、インスタグラムで、「今日、“スター誕生”がこんなにたくさん候補になったことをとても感謝しています!映画に携わった全員が情熱をかけたプロジェクトであり、映画を通じて私たちは家族になりました」とメッセージ。

さらに、「ブラッドリーの素晴らしいビジョンと演技が認められたので、最高にハッピーです。私が他の人々とコラボしたソングライティングが認められたこともです。主演女優賞候補になったことも信じられません!本当にありがとう」と喜びを語っている。

クーパーも6日、米エンターテインメント・ウィークリー誌電子版のインタビューで、「候補者たち全員にお祝いを言いたい。特に僕の大事な友達のレディー・ガガに」と語った。「アリー/スター誕生」は12月21日、日本公開となる。(ニューヨーク=鹿目直子)

最終更新:12/10(月) 0:49
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事