ここから本文です

相撲協会が暴力対策4カ条発表 全関取へ緊急指導へ

12/8(土) 22:50配信

日刊スポーツ

日本相撲協会は8日、元貴ノ岩が付け人に暴行した問題を受け、暴力問題に対する当面の対策を発表した。今回の事態を重く受け止め、各部屋の全師匠を通じて全関取へ緊急指導を行う。指導の内容は、以下の4点。

【写真】貴ノ岩引退「新弟子になりたい」心残りも暴力の責任

(1)付け人は師匠の弟子であり、関取は、師匠から付け人への指導を任されているのであって、付け人は決して関取の小間使いではないこと。

(2)付け人に対して絶対に暴力を振るってはならず、関取と付け人は互いに感謝の気持ちをもって接すること。

(3)付け人を夜遅くまで連れ回すことなどはしないようにし、付け人の翌日の稽古に影響を与えることがないように気を付けること。

(4)関取は、付け人の模範となる言動を行わなければならないこと。

来年2月に予定していた関取対象の研修は前倒しし、今月19日午後1時から両国国技館で「付け人に関する特別研修」として実施する。すでに原案が審議されている「暴力禁止規定」は、同日の理事会で承認、施行し、規定全文を理事会後に公表する。また、設置が決まっていた外部有識者3人を含むコンプライアンス(法令順守)委員会や、教育研修担当顧問の人選も公表する。

同日の理事会では、力士が暴力を振るった場合、番付に応じてどのような懲戒処分とするかについて検討し、一定の基準を定める。

最終更新:12/8(土) 23:56
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ