ここから本文です

5名の犠牲者を出した悲劇…レスター会長のヘリ墜落事故の原因が明らかに

12/8(土) 7:35配信

ゲキサカ

 レスター・シティのオーナーだったビチャイ・スリバッダナプラバ氏ら5名の犠牲者を出したヘリコプター墜落事故の原因が明らかになったようだ。『ESPN』が報じている。

 10月27日に本拠地キングパワー・スタジアムで行われたプレミアリーグ第10節のウエスト・ハム戦後、オーナーのスリバッダナプラバ氏が所有するヘリコプターがスタジアム内から離陸したが、数秒後に駐車場へ墜落して炎上。翌28日にスリバッダナプラバ氏を含む搭乗者5名の死亡がクラブから発表された。

 同メディアによると、イギリス航空事故調査局(AAIB)は7日、ヘリコプター事故は操縦士のペダルとテールローターの接続が切れたことが原因だったと報告。これによってヘリコプターが空中でスピンし、制御することができないほど右に傾いて事故が発生したという。

 なお、AAIBは今後もヘリコプターの制御システムの詳細な調査を続けていくとしている。

最終更新:12/8(土) 7:35
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ