ここから本文です

琉球が30歳DF屋宮の現役引退とアカデミースタッフ就任を発表

12/8(土) 10:10配信

ゲキサカ

 FC琉球は8日、DF屋宮大地(30)が2018年シーズンをもって現役を引退することを発表した。また、同クラブのアカデミースタッフに就任することも併せて発表している。

 屋宮は2014年に琉球へ完全移籍し、一度は退団したが、2018年に再加入。今季はJ3リーグ戦5試合に出場し、1得点を記録した。

 現役引退に際し、クラブ公式サイトを通じて「サッカーを続けてきて21年間、決して楽しいことばかりではありませんでした。しかし、サッカーのおかげで、夢や目標を持つ大切さや一生の仲間と出会うことができ、成長することができました。これらの経験を今後の自分の糧にして、アカデミーの子どもたちに還元していきたいと思います」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF屋宮大地
(おくみや・だいち)
■生年月日
1988年11月27日(30歳)
■身長/体重
170cm/68kg
■出身地
鹿児島県
■経歴
松陽高-福岡教育大-ホンダロックSC-琉球-FCセリオーレ-琉球
■出場歴
J3リーグ:5試合1得点

最終更新:12/8(土) 10:10
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事