ここから本文です

クラブ一筋19年…DF北本が神戸に別れ「これから自分の可能性を探ることになる」

12/8(土) 17:49配信

ゲキサカ

 ヴィッセル神戸は8日、DF北本久仁衛(37)と契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことを発表した。

 北本は2000年に奈良育英高から加入し、神戸一筋19年。2度の降格と昇格を経験したほか、2013年にはがんの手術から半年で実践復帰を果たすなど、不屈の精神で神戸を支え続けた。

 クラブ公式サイトを通じて「神戸ファンのみなさん、スポンサーの皆様、選手、現場スタッフ、メディカルスタッフのみんな、本当に長い間ありがとうございました」と感謝を語り、今後については「これまでの経験を活かしてまだまだ選手として戦いたいと思っています。これから自分の可能性を探ることになりますが、引き続き、応援していただければ嬉しいです」と現役続行を明言している。

 そして「これからもヴィッセル神戸の発展と、クラブが目指す目標を達成できるよう心から願っています。19年間、ありがとうございました!」とクラブに激励の言葉を送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF北本久仁衛
(きたもと・くにえ)
■生年月日
1981年9月18日(37歳)
■身長/体重
181cm/75kg
■出身地
奈良県奈良市
■経歴
登美ヶ丘北中-奈良育英高-神戸
■出場歴
J1リーグ:341試合11得点
J2リーグ:53試合出場5得点
カップ戦:60試合
天皇杯:20試合1得点
■代表歴
U-18日本代表候補(1999)、U-19日本代表候補(2000)、U-20日本代表候補(2001)、U-22日本代表(2003)、U-23日本代表(2004)、日本選抜(2004)

最終更新:12/8(土) 17:49
ゲキサカ

あなたにおすすめの記事