ここから本文です

ドイツ与党、クランプカレンバウアー氏を党首に選出 メルケル氏後継

12/8(土) 12:45配信

CNN.co.jp

ベルリン(CNN) ドイツ与党キリスト教民主同盟(CDU)は7日、党首辞任を表明したメルケル首相の後任にクランプカレンバウアー幹事長を選出した。

クランプカレンバウアー氏は「ミニメルケル」と呼ばれることが多い。ザールラント州の州首相を務めた後、メルケル氏から党幹事長に抜てきされるなど、後継指導者としての道を歩んできた。

クランプカレンバウアー氏は21年の連邦選挙までCDUを率いるとみられ、次期首相となる可能性もある。メルケル氏と同様、ソフトな話しぶりだが決断力があり現実的で、政治的な解決策を見つけてきた実績がある。

党首選では自身のビジョンを提示するのではなく、国内16州を回って有権者や党員の意見を聞いてきた。米国を訪問し、ホワイトハウスの当局者と会談したり独自動車大手BMWの工場を訪れたりする場面もあった。

こうした戦略により、メルケル氏時代の安定を求める党員の支持は取り付けたかもしれないが、新路線を求める党員の支持は遠のいた可能性がある。

投票では、得票率51.75%の僅差で企業弁護士のメルツ氏を退けた。メルツ氏は2002年、主導権争いでメルケル氏に敗れ、現在は党内右派を形成している。

クランプカレンバウアー氏は投票に先立つ演説で、指導者としての独自色を強調。「『ミニ』だコピーだと言われ、単に『ほぼ同じ』と言われたこともある」とした上で、「私は私なりの姿でこの場に立っており、そのことを誇りに思う」と述べた。

勝利演説では全関係者の「支援と信頼」に感謝を示している。

最終更新:12/9(日) 11:36
CNN.co.jp

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ