ここから本文です

浜松市長選で自民支部 山本氏推薦の県連上申決定

12/9(日) 7:27配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市内12の自民党支部でつくる協議会は8日、任期満了に伴い2019年4月に行われる市長選に擁立を検討している新人で市議の山本遼太郎氏(32)=中区=の推薦を決め、自民党県連に上申することを全会一致で決めた。

 同市長選では既に4選出馬を表明した現職の鈴木康友氏(61)も同党本部に推薦依頼を出す予定で、両者が党本部推薦を目指してせめぎ合う状況になった。

 自民の12支部はこれまで、衆院7区と8区の支部に分かれて山本氏の擁立と推薦上申について協議。一部に異論もあったが、最終的に全支部長が署名、押印して承認した。出席した県連副会長の中沢公彦県議は「一致結束して戦う」と話した。

 支部協議会は10日にも県連に上申する予定。県連は16日の選挙対策会議などで承認されれば党本部に上申する見通し。県連への上申を受け、山本氏は「市議会11月定例会が閉会する13日以降、年内のなるべく早期に出馬会見を開きたい」との意向を示した。

静岡新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ