ここから本文です

巨人D1位・高橋「プロでも1勝の重み感じてプレーしたい」

12/9(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(21)=八戸学院大=が8日、青森・八戸市内のホテルで行われた同大野球部の納会に出席した。

 「4年間が終わった実感がある。(大学では)1勝する難しさを経験した。プロでも1勝の重みを感じてプレーしたい」

 納会では北東北大学リーグ新記録の301奪三振を評価され、表彰された。偶然割り当てられた「G」テーブルで、同級生たちと笑顔で酒を酌み交わした。

 前日7日までの2週間は、八戸市内の高校で教育実習。パソコン知識や実務を学ぶ「情報」教科で2、3年生を受け持った。巨人の同期入団となる選手たちは、高橋を除く9人全員(育成含む)が高校生。ひと足早く高校生と接する機会に「予行練習になった。自分の頃より大人だった」と笑顔も、「何歳下でも関係ない」と“ライバル心”ものぞかせた。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ