ここから本文です

【NKB】髙橋一眞、圧勝KO防衛で弟の次戦につなぐ

12/9(日) 9:51配信

イーファイト

日本キックボクシング連盟/NKB実行委員会
「闘魂シリーズ vol.6」
2018年12月8日(土)東京・後楽園ホール

【フォト】髙橋の右ヒジが炸裂

▼第12試合 メインイベント NKBライト級タイトルマッチ 3分5R
〇髙橋一眞(真門/NKBライト級王者)
KO 3R1分50秒
●棚橋賢二郎(拳心館/NKBライト級1位/挑戦者)
※髙橋が2度目の防衛に成功

 髙橋3兄弟の長男・一眞はNKBだけでなく、現在はKNOCK OUT常連選手となり、今年2月には町田光からダウンを奪い判定勝利、8月には第2代KING OF KNOCK OUTライト級王者ヨードレックペットに判定負けを喫したが、ボディを効かせる場面もあった。今回は昨年6月に村田裕俊との王座決定戦を制した王座2度目の防衛戦。

 対する棚橋は剛腕を武器に、昨年9月にはプロ僅か5戦目でNKBライト級王者・大和知也を4RでKOした戦績を持つ。打ち合い上等のファイトスタイルで6勝のうち4つのKO勝ちがある。

 1R、開始早々から大振りのフックの棚瀬に対し、髙橋は右ロー。前進の止まらない棚瀬に、髙橋はテンカオ、右ストレートを次々とヒットさせ冷静に対処する。首相撲の展開では長身の髙橋が棚瀬をガッチリ抑え込んでヒザを入れて優勢を印象付けた。

 2R、棚瀬の豪快な右ストレートを被弾する髙橋だが、カウンターのヒジ、組んではヒザを入れて主導権を握る。3Rには右ローを利かせる髙橋が右ストレートを打ち抜いてダウン奪取。さらには右ストレートからヒジで2度目のダウンを追加し、最後にヒジで勝負あり。

 2度目の防衛に成功した髙橋は「俺のベルトなので誰にも渡さない」と吠える。次男・亮は12月9日のKNOCK OUT(vs駿太)、三男・聖人は12月16日のINNOVATION岡山ジム主催興行でワンデー賞金トーナメント出場が決定しており、「今日きっちり仕事(=防衛)したので、弟よろしく!」と弟2人に勝利のバトンを渡した。

最終更新:12/9(日) 9:51
イーファイト

あなたにおすすめの記事