ここから本文です

仏デモ、1700人超拘束=大統領、対話提案へ

12/9(日) 8:09配信

時事通信

 【パリ時事】フランスで8日に行われたマクロン政権に抗議する大規模デモで、内務省によると、全土で治安部隊を含む264人が負傷し、1723人が拘束された。

 拘束者数は、一連のデモでは最多となった。参加者は仏全体で13万6000人、パリでは1万人に上った。

 マクロン大統領は8日、ツイッターに「治安部隊の勇気と並外れたプロ意識に感謝する」と投稿。フィリップ首相は「大統領が近く意見を表明し、(市民との)対話を推進する方策を提案する」と述べた。仏メディアによれば、マクロン氏は10日夜にも演説する。

 デモは11月17日以降、毎週土曜日に行われており、今回が4回目。パリでは12月1日に続き、観光名所のシャンゼリゼ通りやオペラ座をはじめ、各所で一部デモ隊が暴徒化。車を燃やしたり、店舗の窓ガラスを破壊して商品を強奪したりした。 

最終更新:12/9(日) 20:00
時事通信

あなたにおすすめの記事