ここから本文です

【中日新聞杯】ギベオン重賞初V 内から差し返し鼻差で歓喜

12/9(日) 6:00配信

デイリースポーツ

 「中日新聞杯・G3」(8日、中京)

 寒風が吹きつける桶狭間で、今週も3歳馬が躍動。NHKマイルC2着のギベオンが、勝負根性をいかんなく発揮して重賞初制覇を飾った。

 3歳馬はマイルCS(ステルヴィオ)、ジャパンC(アーモンドアイ)、チャンピオンズC(ルヴァンスレーヴ)とG1、3連勝中。前走のセントライト記念で13着に大敗したギベオンだが、それでもファンは強い世代の一頭として1番人気に推した。その期待に応えるように、直線半ばで一気に先頭へ。伏兵ショウナンバッハの強襲に遭い、一度は先頭を譲ったが、内から猛然と差し返して鼻差Vを決めた。

 「スタートが速く、折り合いもついて、いいポジションで競馬ができました。直線もいい脚を使ってくれた。とてもいい馬ですね」。昨年のメートルダールに続き、レース連覇となったC・デムーロは満面の笑みを浮かべて高い評価を与える。

 荻野助手は「早く抜け出した分、ソラを使ったけど、最後はよく盛り返してくれたね。力があることを示してくれた」と胸をなで下ろした。くしくもこの日は中山でも阪神でも3歳馬がメインをジャック。最強世代からまた一頭、来年を大いに盛り上げてくれそうな役者が誕生した。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ