ここから本文です

科学の不思議、児童体験 ものづくり企業がブース 湖西

12/9(日) 8:03配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 湖西市教育委員会などは8日、第18回青少年の科学体験(静岡新聞社・静岡放送後援)を市アメニティプラザで開いた。市内のものづくり企業などが体験ブースを設け、小学生ら約600人が科学の不思議に触れた。

 会場には乾電池や3Dプリンターを使った実験など15ブースが並んだ。デンソー湖西製作所のブースでは、モーター製作に挑戦。子どもたちは同社社員からアドバイスを受けながら、輪に束ねた銅線のエナメルの一部をやすりで削った。磁石と電池を組み合わせてモーターの仕組みを作ると、銅線の輪がくるくると回転。子どもたちは手作りしたモーターで、回転数を競い合って楽しんだ。

 自動車部品製造のユニバンスは、ミニロボットのプログラミングを用意。パソコンでロボットの進行スピードや曲がり方を打ち込み、黒い線に沿って進むように設定した。実際にロボットが地図の形に沿って進むと、子どもたちは「うまくできた」「すごい」と歓声を上げた。

静岡新聞社

あなたにおすすめの記事