ここから本文です

紀平梨花、自信みなぎる初V「この結果がプレッシャーになることはないと思う」

12/9(日) 8:11配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、バンクーバー)

 女子フリーが行われ、SPでトップだった紀平梨花(16)=関大KFSC=が初出場初優勝を果たした。フリーで150・61点、SPとの合計で233・12点をマークし、合計点では自己ベストを上回った。日本勢としては浅田真央が05年に達成して以来となるGPデビューシーズンの初優勝に「この結果がプレッシャーになることはないと思う」とさらなる飛躍につながると自信をみなぎらせていた。

【写真】悲壮な表情のザギトワ…自己ベスト届かず

 紀平は冒頭の大技3回転アクセル-3回転トーループの最初のジャンプで手をついてしまい、想定していた得点をほとんど得られなかった(単独3回転アクセルのダウングレード判定となり出来栄え点-1・65点、要素の合計は1・65点)が、ここからの巻き返しがすさまじかった。

 次に配置していた単独の3回転アクセルに2回転トーループをつけて成功させると、3回転ルッツ-2回転トーループは2本目のトーループを3回転に上げて得点を取り戻した。

 紀平は「今の時点で自分のやってきたことを出せたので自信になった。この結果がプレッシャーになることはないと思うし、また頑張ろうという気持ちになると思う。プレッシャーじゃなくて自信になる」と今後につながる優勝になるとコメント。さらに冷静にリカバリーしたことについても「トリプルアクセルを立て直すことができて、終わった後は本当にうれしい気持ちでした」と心境を語った。

 2位はアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=で合計226・53点。坂本花織(18)=シスメックス=は4位、宮原知子(20)=関大=は6位だった。

 紀平はフリーだけをみてもザギトワの148・60を上回る150・61点をマーク。SPからさらにライバルを突き放して初出場初優勝を成し遂げた。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ