ここから本文です

松本人志「彼らは勉強不足。上沼さんがどれだけの人か分かっていない」…久保田&武智の暴言問題に

12/9(日) 10:36配信

スポーツ報知

 「ダウンタウン」の松本人志(55)が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。自身が審査員を務めた2日にテレビ朝日系で放送された漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」の放送後に「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員を務めたタレント・上沼恵美子(63)へ暴言を吐いた問題について語った。

【写真】硬い表情の上沼恵美子

 松本は自身の若い時代に触れ「若い頃は審査員に生放送で盾突いたこともあるんですけど。ボクはお酒に任せて言ったことはないし、本人に直接言ってきたし。また、その人はお笑いにまったく関係のない審査員がすごくえらそうに言ったのでボクも途中で切れてしまったんですが」と振り返ってから、今回の問題に言及。

 「彼らは何より勉強不足ですよ。上沼さんという人がどれだけの人か本当に分かっていない。勉強不足だし、勉強が不足していることすら勉強できていないと思います。やっぱりあの人がやってきた功績考えたらすごいし。吉本じゃない人で女性目線でボクより先輩で当然、尊敬出来る人であのポジションに座れる女性はあの人しかいないので。そこを言われてしまうと、いやぁオレはキツイなと」と指摘した。

 さらに今回の動画に「恐らく上沼さんのことだけを言っているんやないと思うんです。ボクのことも含まれているんやろうな、審査員に対する鬱憤(うっぷん)みたいなものはたまっているんやろうなと思うんです。聞いたことあるんですよ、あなたたちえらそうなこと言ったって、現役で漫才やってないでしょって。彼らがそう思っているかどうか知らないですよ。そう思っている出場者もいると思うんですよ。それはわからんでもない。それを言われたらしょうがないね」とした上で、「ですから上沼さんと来年あたり男女コンビで初の優勝狙うかっていう話ですよね」とボケた。

 審査についてファンが行うべきとの意見もあるが松本は「プロが見ている緊張感の中でエンターテインメントは向上していくので、一般に向けての笑いばっかりやっていると絶対にクォリティーは下がっていくと思うので。だからと言ってオレが審査員やりたいわけじゃないよ」とし、審査員を引き受けた時に島田紳助から「10何年前に紳助さんに、お前はやる義務があるんやと、お前に憧れて入って来たヤツいっぱいいるんやから、お前それやらなあかんって、そうなのかなと思ったんですけど、今考えたらボクに憧れているヤツそんなにいないですから。ボクがやっていても意味ないのかなって」と明かしていた。

最終更新:12/9(日) 10:58
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい