ここから本文です

【砂村光信 視点】日本選手権決勝は外国出身選手の層が厚い神鋼有利

12/9(日) 10:00配信

スポニチアネックス

 ◇ラグビー 日本選手権兼トップリーグ 決勝トーナメント準決勝(2018年12月8日 秩父宮)

 サントリーは後半、ディフェンスで粘り強くヤマハ発動機を押し下げたのが勝因だ。自分たちの練習量に自信を持つチームらしく、最後まで足をつる選手も見られず、反則を犯すことなく守り続けることができた。

 神戸製鋼はSOカーターとCTBアシュリークーパーがチームに落ち着きをもたらしている。ともに代表キャップ100を超え、特に判断力に優れており、少ないチャンスを得点に結びつけられる。バックスでゲインが切れるため強いFW陣も無理なプレーをする必要がなく、サポートに徹している。

 決勝はリザーブも含めて外国出身選手の層が厚く、総合力で上回る神戸製鋼が優位とみる。9月のリーグ戦も神鋼が36―20で快勝したが、この時はサントリーのSOギタウが途中出場した前半23分の時点で23―3と勝負を決めていた。サントリーはギタウを中心とした速くボールを動かす攻撃をどれだけ続けられるかがポイント。そのためにもボール保持率は60%以上欲しい。 (元U―23日本代表監督)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ