ここから本文です

福娘、衣装合わせ 兵庫・淡路の事代主神社

12/9(日) 7:19配信

産経新聞

 「仮屋のえべっさん」の愛称で親しまれている淡路市仮屋の事(こと)代(しろ)主(ぬし)神社で8日、来年1月10日に行われる「十(とお)日(か)戎(えびす)祭」で参拝客に縁起物と福を授ける「福娘」の衣装合わせが行われた。

 今年選ばれたのは、いずれも同市在住で高校1年の倉本夏衣さん(16)、野田さくらさん(16)、中来田ひめのさん(16)、新谷莉玖さん(16)、尾上桃果さん(15)の5人。祭りは1月9~11日の3日間行われ、福娘は「本戎」の10日午前8時~午後5時に縁起物の受け渡しなどを行う。

 神事で着用する千(ち)早(はや)と緋袴姿に金烏(え)帽(ぼ)子(し)をかぶった5人は、「家族健康でありますように」「商売繁盛されますように」など福授けの際の口上を唱えるなど本番に備えていた。

 尾上さんは「福娘はずっと憧れだっただけにうれしいです。当日は、来てくださった方が幸せになっていただけるよう頑張ります」と話していた。

最終更新:12/9(日) 7:19
産経新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ