ここから本文です

北方領土の問題もっと知って! 神戸で啓発イベント

12/9(日) 7:25配信

産経新聞

 北方領土問題について学ぶイベント「四島シェアスポット」が8日、神戸市中央区のハーバーランドで開催された。トークショーやクイズラリーが行われ、買い物客らが楽しみながら領土問題に理解を深めた。

 イベントは「北方領土問題対策協会」(東京)が平成24年以降に全国各地で実施。今年度は来年1月にかけて12都道府県の商業施設で予定されている。

 この日は、兵庫県を拠点に活動しているお笑いコンビ「モンスーン」がトークショーに出演。択捉、国後、色丹、歯舞の四島の覚え方や、ロシアによる実効支配の現状などを説明し、「少しでも関心を持ってほしい」と訴えた。また、北方領土の基礎知識をクイズ形式で紹介するパネルなども展示された。

 神戸市兵庫区の小学4年、坂上蓮(れん)空(く)君(10)は、「知らないことばかりだったので、学校でしっかり勉強したい」と話していた。

最終更新:12/9(日) 7:25
産経新聞

あなたにおすすめの記事