ここから本文です

「髪の毛切ったことない」ロシア14歳の天才トゥルソワ、強さとあどけなさ<フィギュアスケート>

12/9(日) 6:00配信

テレ朝POST

12月7日から行われているフィギュアスケートのジュニアGPファイナル(女子)。

7日に行われたショートプログラムでは、ロシアのアリョーナ・コストルナヤ(15歳)が76.32点の高得点をマークし首位に立ち、同じくロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ(14歳)も74.43点とジュニアとしては驚異の高得点で2位につけた。

この上位2人だけでなく、今回のジュニアGPファイナル(女子)に出場しているのは、6人中5人がロシア勢。

2月の平昌オリンピックでロシアのザギトワとメドベージェワがし烈な金メダル争いを繰り広げたことは記憶に新しいが、ジュニアでもいま、女子フィギュア界はロシアを中心とした勢力図が広がっている。

そんなロシアの女子ジュニア選手たちは、公式戦や練習で次々と“4回転ジャンプ”を跳んでいることでも世界的に注目を集めている。

特に、トゥルソワ。前年ジュニア覇者でもある彼女は、今年3月の世界ジュニア選手権で、国際スケート連盟(ISU)公認大会では女子2人目となる4回転に成功した(※2002年の安藤美姫以来)。この大会でサルコウ・トウループの2種類に成功した後、今季のジュニアGPシリーズ(アルメニア大会)では、大技・4回転ルッツも決めている。

男子でも跳べる選手が少ない技だが、彼女はこれにより、女子としては世界初の4回転ルッツジャンパーとしてISU公式認定を受けた。

ラプンツェルに憧れ「髪は切ったことがない」

アレクサンドラ・トゥルソワ、14歳。

試合や練習にも連れて行くほど愛犬の「ティーナ」を溺愛する、まだあどけなさの残る少女だ。

2004年6月23日生まれであり、女優の芦田愛菜とまったく同じ生年月日と聞けば、世界の注目を浴びるアスリートである彼女が“あどけない少女”でもあるということに説得力がもたせられるだろう。

そんな彼女の大きな特徴のひとつが、長く伸びた髪の毛。聞けば、「生まれてから切ったことがない」という。テレビ朝日の取材に、以前にこう答えている。

「(長い髪の毛は、生まれてから切ったことがないというのは本当ですか?)ええ、もう長いこと切っていなくて、たまにただ毛先を揃えるだけです。長い髪はとてもお気に入りで、小さい頃に『塔の上のラプンツェル』というアニメを見て、主人公のラプンツェルのようになりたいと思ったんです」

ラプンツェルに憧れ、また映画『ハリー・ポッター』シリーズもすべて鑑賞するなど、ファンタジーをこよなく愛する彼女。

しかし、まるで“魔法”とも言えそうな4回転ジャンプについては、「ただ、1回転多いだけです」と答え、4回転を跳ぶにあたって苦しんだことを聞いても、「私はジャンプが大好きなので、苦しんだことはありません。新しいジャンプを学ぶのが好きです。たくさんたくさんジャンプしていれば、いつか出来るようになります」と現実的かつ冷静に答える。

1/2ページ

最終更新:12/9(日) 6:00
テレ朝POST

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ