ここから本文です

プログラミングでいたずらも? 子供向けの積み木型ロボット

12/9(日) 8:00配信

bouncy

科学・技術・工学・数学などのSTEM教育分野に興味をもってもらうために開発されたロボット「TacoBot」。基本の3つのブロック「Movement Base(バッテリー内蔵)」「Mobile Body」「Intelligent Brain」に、帽子のような形の5種類のセンサーパーツを組み合わせる仕組み。

ラインのトラッキングや超音波センサーで物体を避けて移動など、さまざまな機能を切り替えられる。プログラミング自体もパズルゲームのような感覚で、特別な知識を必要とせず子どもでも簡単に行える。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。一台55豪ドル(4,500円)+送料から入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年1月に発送される予定。

専用アプリで遠隔から操作できる

Tacobotは専用アプリでリモートで操作したり、Bluetoothスピーカーとして音楽や物語を語ってもらったりと、子どもが楽しめるさまざまな機能を搭載している。

・ ・ ・

積み木のように組み立てる子供の教育用ロボットが、未来の科学者人口も積み重ねてくれるかも?

RoboSpace

Viibar.Inc

最終更新:12/9(日) 8:00
bouncy

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ