ここから本文です

炭水化物てんこ盛り、エジプトの国民食「コシャリ」にもヘルシー志向の波が来た

12/9(日) 9:21配信

GLOBE+

エジプトの国民食、コシャリ。米にマカロニ、パスタといった炭水化物にひよこ豆などを混ぜ、あげたタマネギとトマトソースをかけて混ぜて食べる。

香辛料のきいたトマトソースが絶妙に絡んだ「混ぜ飯」はやみつきになる味で、何より安い。何を隠そう、私は学生時代のエジプト留学中、これを3日に1回は食べて1年で10キロ近く太ったという因縁がある。 

それが、友人のエジプト人ユーチューバーの女性から「最近エジプトに、ヘルシーなコシャリが出来た」と教えてもらった。健康志向で新しいもの好きの若い女性の間で知られているという。カイロに出張した際、意気揚々と食べに行った。

名前は「全粒のコシャリ」。エジプト各地で展開し、ストリートフードをおしゃれにアレンジする「ズーバ」というレストランのオリジナルらしい。中心部から10キロほど南のマアーディにある店舗を訪ねた。 

一見普通のコシャリのよう。だが口に入れると、炊いた米やゆでたマカロニ、パスタのふにゃふにゃ感の代わりにサクサク、コリコリ。入っているのは、ピーマンにカリフラワー、にんじんなどの野菜。その上にトマトソースとあげたタマネギがかかっている。歯ごたえがよくて、あっという間に食べ終わったが、コシャリ特有の食べた後に胸がつかえる感じがない。思った以上に食べやすい。

課題は大衆的でない値段

ズーバが2012年に国内最初の店舗をオープンした2年後、このコシャリは生み出された。マアーディ店のディレクター、シャリーフ・アリーさん(30)によると、エジプト人の健康志向が強まる中で考案された。普通のコシャリの方が注文は多いが、このヘルシー・コシャリを求めて来る客も男女、年齢に関係なく少なくないという。 

だが、問題は値段だ。この店で普通のコシャリが18.75エジプトポンド(120円)のところ、ヘルシー・コシャリは28.5ポンド(180円)。コシャリは大衆的な料理で他の店では10ポンド(60円)も出せばおなかいっぱい食べられるから、3倍近い値だ。店の中を見渡すと、客は見るからに富裕層。会社のエジプト人の助手にこの料理について話すと、「それは、コシャリじゃないね」。ぴしゃり言われてしまった。

朝日新聞社

最終更新:12/9(日) 9:21
GLOBE+

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ