ここから本文です

交通事故死より4倍多い! ヒートショック予防と対策

2018/12/9(日) 11:00配信

テレ東プラス

交通事故死よりも4倍も多い、ヒートショック死をご存知ですか? ニュースなどで耳にすることはあるけど、詳しくは知らない...という方も多いのではないでしょうか。

今回は、東京都市大学教授で温泉療法専門医の早坂信哉先生が登場。「ヒートショックの予防&対策」についてお話を伺いました。

「ヒートショック」ってなに?

「ヒートショック」とは、急激な温度差により血圧が大きく変化することで、失神、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼす要因となります。家庭内ではお風呂場やトイレなどで発生しやすく、事故の大半が気温の低い冬場に起こっています。

年間およそ19,000人(注1)ものがヒートショックなど入浴に関する事故で死に至ったと推計され、その人数は交通事故の死亡者数よりも4倍も高いとのデータが出ているそうです。

注1:厚生労働科学研究費補助金 入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究 平成25年度総括・分担研究報告書 研究代表者 堀 進悟

「ヒートショック」危険度チェック!

冬の身近な恐怖「ヒートショック」について理解したところで、普段の行動から危険度をチェックしてみましょう。

ヒートショック危険度チェック!

1. 一番風呂に入ることが多い
2. 42℃以上の熱いお風呂が好き
3. 飲酒後に入浴することがある
4. かけ湯はさらっと2杯程度
5. 家族に何も言わずお風呂に入る

5つの項目のうち、ひとつでも当てはまれば注意が必要。では、具体的には、どのように予防、対策すればいいのでしょうか。

「ヒートショック」5つの対策

【対策1】脱衣所と浴室は20℃以上、リビングとの温度差は5℃未満に!
「“一番風呂“は、まだ浴室が温まっていない状態で入浴することになるので、ヒートショックを起こしやすくなります。
重要なのは、原因となる急激な温度差をなくすこと。入浴前に、浴室暖房を利用したり、2~3分シャワーを高い位置からかけたり、湯船の蓋を開けたりすることで、脱衣場と浴室の温度を上げておきましょう」(早坂先生、以下同)

【対策2】40℃のお湯に10分!
「熱いお湯に入ると、交感神経が刺激されて血圧が上がるので避けましょう。また、42℃の熱いお湯と40℃のぬるいお湯では、ぬるいお湯の方が保温効果が続くという研究結果が出ています。40℃のお湯に10分程度つかることをオススメします」

【対策3】飲酒後の入浴は低血圧に繋がるのでNG!
「飲酒により血管が広がるので血圧が下がります。さらに入浴により血管が広がり、さらに血圧が下がります。これは低血圧に繋がるので、飲酒後の入浴は避けましょう」

「お酒を抜くためにサウナに入る」という方も多いと思いますが、「酔いを醒ますためにサウナで汗をかくは、何の意味もない!ただ危険なだけなのでやめてください」と早坂先生。ご注意ください!

【対策4】入浴前に10杯のかけ湯!
「少しずつ体をならすためにも、多目のかけ湯が必要。血圧の急変化を予防します。かけ湯がめんどうな方は、シャワーを20~30秒浴びるのでもOK」

【対策5】入浴前の声かけ!
「入浴中に意識を失い、助けを求める声も出せないまま亡くなってしまうことも多いです。入浴前に、ご家族に“今からお風呂に入るよ“と声をかけることで、最悪の事態を防ぐことになります」

早坂先生は、入浴事故の予防にも役立つIOT(Internet Of Things)を利用したおふろロボット「fuuron(フーロン)」を開発中。これをお風呂に浮かべるだけで、浴室温度やお湯の温度を測定し異常があれば点滅して知らせてくれます。核家族化、高齢化社会が進み「声をかける家族と一緒に住んでいない」など、独居老人の事故予防にも大いに役立ちそう。来年度、商品化予定とのことです。

1/2ページ

最終更新:2018/12/9(日) 11:00
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ