ここから本文です

前回覇者の橋本総業が2連勝、日本リーグ女子<テニス>

12/9(日) 9:41配信

tennis365.net

日本リーグ

日本テニスで全国実業団の頂点を決める第33回テニス日本リーグの1stステージは大会3日目の8日、女子の第2戦がブルボンビーンズドーム(日本/兵庫、室内ハード)と横浜国際プール(日本/神奈川、室内ハード)で行われた。

【錦織ら 全豪OP本戦出場一覧】

日本リーグは男子18チーム、女子12チームがレッドブロック、ブルーブロックの2つに分かれ、総当たり戦を行う。今月9日まで行われる1stステージの後に2019年1月16日から2ndステージが行われ、男子は成績上位4チーム、女子は上位3チームが2019年2月8日から10日にかけて行われる決勝トーナメントに出場することができる。

試合方式はシングルス2本、ダブルス1本(重複出場無し)で、全試合ベストオブ3タイブレークセットで行われ、ダブルスで1セットオールの場合は10ポイントマッチタイブレークで勝敗を決める。

前回優勝の橋本総業ホールディングスは小堀桃子、瀬間詠里花のシングルスと岡村恭香/秋田史帆組のダブルスで鹿児島銀行から3勝をあげ、開幕2連勝を飾った。

【橋本総業ホールディングス vs 鹿児島銀行】
小堀桃子 vs 川畑香織, 6-1, 6-0
瀬間詠里花 vs 猪野ひより, 6-1, 6-0
岡村恭香/秋田史帆 vs 円本彩也香/東みく, 6-1, 6-1

一方、前回準優勝の島津製作所は桑田寛子らの活躍で明治安田生命を下し、ことらも2連勝となっている。

【島津製作所 vs 明治安田生命】
桑田寛子 vs 後藤奏子, 6-0, 6-0
加治遥 vs 金子真理子, 6-0, 6-2
今西美晴/大前綾希子 vs 森美咲/米原実令, 6-1, 6-1

女子第2戦の結果は以下の通り

【レッドブロック】
島津製作所 vs 明治安田生命, 3-0
テニスユニバース vs 三菱UFJ銀行, 2-1
ノアインドアステージ vs キヤノン, 3-0

【ブルーブロック】
橋本総業ホールディングス vs 鹿児島銀行, 3-0
リコー vs 日本郵政グループ, 2-1
リコージャパン vs エームサービス, 2-1

tennis365.net

最終更新:12/9(日) 9:41
tennis365.net

あなたにおすすめの記事